ビルトインガレージのある生活。住宅を通じて暮らしをデザインする。

株式会社大成住建TAISEI JUKEN CO.

ビルトインガレージのある生活。住宅を通じて暮らしをデザインする。

株式会社大成住建

標準仕様がZEH基準の断熱性能(we’ive仕様の場合)

ZEHとは?

使うエネルギーを、創るエネルギーでまかなう家のこと、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

一般の家とZEHの違いは?

温度ムラが小さい、ヒートショックに配慮、結露やカビ・ダニが発生しにくくアレルギー配慮
快適、健康でコスパのいい家が標準仕様 ※創エネ設備(太陽発電システム等)は別途料金が発生する場合がございます

まずは建築手法が重要、判断基準はこの数字

外皮平均熱貫流率 平均日射熱取得率
外皮平均熱貫流率 UA値

断熱性を高めて、エネルギーロスを防ぐ

熱はどこから逃げる?

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、屋根や外壁よりも、窓やドアなどの開口部です。冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。暖房の熱を逃がさず、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を暖めるためには、開口部の断熱性を高めることが重要です。

夏の熱を遮る工夫で快適に

夏は、7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮る工夫も重要に。南面の窓にはひさし、西面にはルーバーを取り付けることでの日射遮蔽対策が有効です。また、遮熱タイプの内窓、外付けスクリーンやすだれを併用するとさらに効果が高まります。

熱の流出割合

断熱材の強化

現場発泡ウレタンフォームの断熱材が標準仕様

大成住建は住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発砲による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

断熱材

高性能ハイブリット窓「LIXIL サーモス Ⅱ- H」を採用

アルミの良さと樹脂の良さを融合した
ハイブリット窓が標準仕様
暮らしが変わる窓です

ガラスにもひと工夫。室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜により、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。さらに紫外線もカットするため、日焼けも抑制できます。断熱効果は高断熱複層ガラスと同等以上で、一般複層ガラスの約2.0倍にもなります。

高性能ハイブリット窓

24時間換気の強化全熱交換型の第一種換気

ECOAIR90
熱回収率90%

熱回収率90%で快適と省エネを両立

一般的な第3種換気は、冬場の外気が0℃であれば、暖房された室内に0℃の冷気を取リ込んでしまいます。しかし、熱交換換気の場合は、外に排気する空気の熱を活用し、室内温度に近づけて給気するので快適です。

湿度回収率66%

湿度の交換も行い夏も冬も快適性アップ

高性能な熱交換換気はヨーロッパ製が主流ですが、その換気は湿度を交換しない「顕熱交換型」です。エコエア90は、日本の高温多湿な夏や過乾燥になる冬にも対応できるよう、湿度も回収する「全熱交換型」を採用しました。